トップページ >香りのコラム> 香りは相手の記憶にずっと残る

香りは相手の記憶にずっと残る

香りは相手の記憶にずっと残る

人それぞれに
匂いや香りってありますよね。

ひとりひとり顔が違うように
その人からする香りも違う。

香りの記憶って
実はけっこう頭の中に残っていたりします。

香りから昔のことや人を
連想するというお話は
いろいろとありますが、

私がいちばん好きなエピソードは
美輪明宏さんの香りに関する
お話です。

10年以上も前にお別れした恋人が
美輪さんがつけていた香水と
同じ香水をつけていた人と
街ですれちがいました。

そして何だか懐かしくなって
10年ぶりに
美輪さんに電話をかけるのです。

ロマンチックなエピソードですよね。

10年の歳月を越えて
香りという記憶は
その人の顔や性格やしぐさなどを
甦らせるのです。

自分の今の香りも
大好きな相手の記憶に
ずっと残ることになります。

人間だから
どうしてもその人独特の香り・体臭は
あります。

でもその自分の香りを愛して
なおかつ
もっといい香りを漂わせる工夫なら
誰にでもできます。

私がこのサイトで
おすすめしている
ヘアパフュームの「ナデテ」シリーズも

そんな香りの工夫のひとつの
お手伝いになると思います。

彼に「いい香りの女の子だ...」
という記憶をずっともっていてほしいなら
(お別れする、しないに関係なく)

自分らしい香りを
彼と会うときや普段から
身につけていましょう。

何度もつけていれば
それがあなたの香りになります。

私はいちばん自分らしいなと
思う香りは「ナデテ・ フレッシュマスカット
なのでこれをよくつけています。

マスカットの甘すぎず
爽やかな香りが好きで

こんなイメージの女性になりたいなぁ
と思いながら
毎日ヘアケアをしています。

大好きな彼や片思いの彼がいるなら
「これが私の香りよ!」
とかすかにヘアパフュームで
主張してみてくださいね。

きっと彼の記憶のなかに
ずっとずっとあなたの香りが
刻まれますよ。